ゆっくり休めるベッドの選び方をレクチャーします。

ロゴ

広々とした贅沢なベッド

クイーンベッドはクイーンサイズのベッドのことを指しますが、大きさとしては160センチ×195センチ程度が目安となります。ベッドメーカーによっても多少サイズは異なってきますが、大人2人がゆっくりと眠れるスペースを有しています。ベッド周りのインテリアとしては、シャンデリアやおしゃれな遮光カーテンを配置すれば、さらに優雅で心地の良い寝室となるでしょう。

インテリアにこだわる人は参考にしよう

カーテン

熟睡したい人にピッタリ

遮光カーテンを使えば、ゆっくりと熟睡ができるはずです。おしゃれな遮光カーテンも続々販売されているため、センスに見合った一枚をチョイスできるでしょう。

READ MORE

人気のベッドをご紹介!

no.1

収納付きベッド

クイーンベッドは大きなサイズとなり、どうしても部屋のスペースを占領してしまいがちです。集合住宅や狭小住宅など、日本はどうしても狭い住宅事情が問題となってきます。しかし、そんな住宅でも収納付きのクイーンベッドであれば、スペースを有効活用できて無駄がありません。ベッド下を収納スペースにするかたちになりますが、主に引き出し型と、ガス圧式型が多く選ばれているようです。ガス圧式型であれば、引き出し型よりもさらに省スペースで設置が可能となっています。開閉も簡単にできるのも魅力的です。

no.2

フロアベッド

最近注目度が上がっているタイプがフロアベッドです。フロアベッドは、床面が低くなっている設計で、圧迫感がありません。そのため狭い空間でも、広く見せることが可能です。窮屈な印象を与えないため、狭い寝室でもリラックスして過ごすことができるでしょう。シングルサイズのベッドを2台置くよりも、クイーンベッドを1台置く方が、部屋を広く使えるはずです。オシャレなデザインで、リーズナブルな価格で購入できるベッドが多い点も特徴です。ただ高さがないため、ベッドから起き上がる動作が身体に負担となる人もいるため、注意が必要です。

no.3

脚付きベッド

ゴージャスな雰囲気を演出したい場合は、脚付きベッドがマッチします。脚があることで、ベッド下に空間ができて、清潔感もあります。掃除もしやすく衛生面でもポイントが高いです。脚付きのクイーンベッドは、種類も豊富にあるため、部屋のインテリアに合わせて最適な物を選ぶことができるでしょう。海外製のベッドなども豊富に選べるはずです。ただし、脚がある分、高さが出てきます。狭い部屋に設置するのであれば、圧迫感が出てくる点は否めません。搬入ができないことも考えられますので、事前にサイズの計測を入念にしておきたいところです。

さまざまなタイプがある

寝室

ヘッドボードをチェック

ヘッドボード部分に照明が付いていれば、お休み前に読書をするときも便利です。おしゃれな遮光カーテンを付けて、バッチリ安眠対策をとっている人も多いですが、枕元に照明があると安全性の面でも安心できます。トイレに立つときも、ヘッドボードに照明があれば、すぐに明かりをつけて立ち上がることができるのです。さらに、ヘッドボードにコンセントが付いていれば、スマートフォンの充電もできて利便性がアップします。ヘッドボードに照明や棚、コンセント機能が備わっていれば、スペースは取られますが、より便利に快適に過ごすことができるはずです。

レザータイプもある

洗練された都会的なデザインを好む人にとっては、レザーベッドは根強い人気を誇ります。クールでスタイリッシュな部屋にピッタリのベッドになるといえるでしょう。レザーを使っているため、値段は高くなる傾向がありますが、人工皮革であればリーズナブルな価格帯の物も登場しています。人工レザーのメンテナンスは意外と簡単にできるため、普通のベッドを使う感覚で利用できるはずです。寝室の照明にはシャンデリアを置けば、よりラグジュアリーな空間を演出できます。セレブのような気分で楽しめるでしょう。

日本製で安心

国内製造であれば、安全面でも安心できるという点から選ばれています。国産は海外産とは違ってコストも高くなるため、販売価格は決して安くはありません。それでも長く安全に使えるため、幅広い世代に支持されています。肌に優しい天然素材を使用したタイプであれば、健康面でも心配不要です。睡眠時間は約8時間です。人生の三分の一は眠っているといわれています。たくさんの時間をベッドの上で過ごすことになるわけですから、どんな素材で作られているかをチェックしてから購入するようにしたいものです。

新着情報