熟睡したい人にピッタリ|クイーンベッドを選ぶときに気をつけたいポイントとは

日光をシャットアウトすれば深い眠りが実現します。

ロゴ

カーテンを閉めれば真っ暗に

夜勤のお仕事をしている人など、昼夜逆転したライフサイクルを送るケースは珍しくありません。そんな人たちの悩みといえば、睡眠です。昼間明るいとなかなか熟睡することができずに、疲労回復ができないというのです。そこで、お助けアイテムとなるのが、遮光カーテンです。遮光カーテンを使えば、昼間でも夜のような空間を作り出すことができるため、安眠に役立てることが可能です。

熟睡したい人にピッタリ

カーテン

いろいろな使い方

深い眠りを誘うだけではなく、遮光カーテンにはさまざまな利用方法があります。たとえば、テレビゲームや映画鑑賞など、部屋を暗くして行なう方が楽しめる趣味の部屋に使うことが適しています。さらに、物の日焼けが心配な書斎やクローゼット、納戸といった場所にもふさわしいといえます。

デザインが豊富

一昔前は、遮光カーテンは重くて暗いイメージが先行していましたが、最近では、おしゃれな遮光カーテンも数多く販売されています。人気の北欧風デザインや、シンプルな物、レトロ調など幅広いバリエーションの中から最適なカーテンを選ぶことが可能です。

部屋によってイメージを変える

リビングや子供部屋は、明るく華やかなカーテンが似合います。一方、寝室のカーテンは落ち着いたシンプルなカーテンの方がリラックスできます。設置する部屋によって、適したカラーやデザインは変わってくるため、どの部屋で使うかをあらかじめ想定して選ぶようにすると失敗が少なくなります。

防犯対策にも

遮光カーテンは、光を遮断するだけではなく、人影もシャットアウトします。そのため、防犯対策としても優秀なアイテムとなります。カーテンに人影が映っていると、在宅か留守であるかが一目瞭然です。しかし、遮光カーテンであればそうした情報を外に漏らすこともありません。また、プライバシーを守ることもできるため、とくに女性の一人暮らしにはおすすめになるといえます。